フィリオプシス解説の画像

フィリオプシス解説

レアなSPブースト持ち範囲ヒーラー

範囲タイプの医療オペレーター。
同タイプは★6にナイチンゲール ★4にパフューマー。

フィリオプシスのストロングポイントは素質「スキルブースト」により味方全員のSP自動回復速度が0.3sp/秒アップすることにあります。

経過時間1秒2秒3秒4秒5秒6秒7秒8秒9秒10秒
バフなし1SP2SP3SP4SP5SP6SP7SP8SP9SP10SP
バフあり1.3SP2.6SP3.9SP5.2SP6.5SP7.8SP9.1SP10.4SP11.7SP13SP

大体3〜4秒毎に1SP分追加で加算されると考えてよさそうです。

スキルが発動するまでの時間が20秒必要だとすれば、フィリオプシスが場にでているだけで16秒で発動できるようになる。こう書くと凄さが実感できるのではないかと思います。

なお攻撃や被ダメージによってSPが回復するタイプには効果がありません。そちらの効果が欲しい場合はチェンを採用することになります。

スキル1
回復力強化γ
攻撃+40%〜90%
初期SP20 発動SP40 効果時間30秒

医療オペレーターのいつものアレ。

スキル2
エンケファリン
回復可能範囲の拡大 回復スピードの短縮 (雑に言うと3秒に1回の回復が1秒に1回の回復になる)
初期SP65~85 発動SP100 効果時間30〜40秒

特化するならこちらがオススメ。
発動SPが驚異の100SP。素質の分を加味して一度効果が切れると次の発動は77秒後。
効果が強力な分発動タイミングはしっかり精査する必要がある。
範囲拡大は前方方向の3マスに射程が+1される。

回復に関してはやや心許ないというのが本音ですが、そこは組み合わせ次第。
SPという殲滅力に直結するファクターに貢献できる医療オペレーターという唯一無二の特性を生かしていきたいところ。

© 2020 ゲーミングメモ帳RX