プレイ日記-アイキャッチ

ゲーム ポケモン

【プレイ日記】ポケモンシールド攻略道中


休日なので4時間ほどプレイ。

前日にバウタウンまでたどり着いていたのでそこからの続きです。

バウタウンジムリーダー戦

ジムリーダーのルリナは水タイプ使い。 スレンダー美人さんで素敵。

ジムバトルは電気タイプのワンパチ一匹で完封。しかしこのワンチャンとにかく素早さが低く、すべて先制攻撃をもらうので傷薬が必須。そしてルリナに勝利した後ワンパチが進化しパルスワンに。

パルスワンに進化する事で素早さが3倍ぐらいになったので、進化してから挑めば傷薬すらいらなかったかもしれない。タイミングの悪さに定評のある俺ちゃんです。

バウタウンの見所

バウタウンではおこうショップがある。品物の中で一際目を引くのは「こううんのおこう」のトレーナーバトルの賞金が2倍になる効果。

¥11,000とすこし高いけど、今回のトレーナーバトルの賞金は高めなのですぐに元手はとりかえせると踏んで即ゲット。これで資金も潤うとホクホクしてたら、 ダンジョンを一つ挟んだ先で、こううのおこうと同効果の「おまもりこばん」を拾ってガックリすることになる。

どうも、タイミングの悪さに定評のある俺ちゃんです。(2回目)

複数あれば付け替える手間が減るからいいけどね・・!

エンジンシティジムリーダー戦

どうやら開会式のあったエンジンシティで3人目のジムリーダー戦をするらしい。

ホテルで一泊してその後ジムリーダ戦をすることになったのだが、そのホテルでマリィちゃんと再開。
この娘めちゃんこかわいいよね。取り巻きができるのも納得。

その後ジムリーダー戦。炎タイプの使い手のえーっとなんだっけ?名前は忘れた。

興味のベクトルが向いていなさすぎてあいまいだけど、ギャラドスのたきのぼりで大体余裕だった気がする。(うろおぼえ)そしてSSはない。

3リーダーを倒すところまでが序盤だったようで、831(やさい)と、ルリナちゃんと、火オッサン各リーダーのお見送り。

今回のポケモンはカットシーンやイベントが、よりアニメ的でドラマチックな演出が入るので遊んでて楽しいね。ジムリーダーの名前は覚えてないけど。(覚えろ)

ワイルドエリア〜ナックルシティ〜ラテラルタウンジムリーダー戦

2回目のワイルドエリアを経由してナックルシティへ。

この辺で全体的に野良ポケのレベルが上がってきてちょっと辛くなってきた。

ナックルシティではふるびたてがみを届けて欲しいというミニイベントが発生。

なんとなく含みがあってひっかかりのあるイベントだなぁと思いつつ、お届け先のアラベスクタウンはまだ先っぽいのでひとまず忘れることにする。

シールド版のラテラルタウンのジムリーダー、オニオンちゃんくんはゴーストタイプの使い手。男の子か女の子かよくわからないけどかわいい波動を感じるから性別は誤差。

ソード版ではかくとうタイプ使いのサイトウになるらしい。

ゴーストタイプの弱点はエスパー以外あまりピンとこないけど、この時点ではあくタイプが用意しやすい。

手持ちポケモンにもサブ技で「かみくだく」「かみつく」を持っているのが多く意外とすんなり戦えてしまった。

ゲンガー以外はあまり強さを感じないポケモンばっかりだったので御三家の強めの技でゴリ押してしまってもよかったかもしれない。

ルミナスメイズの森〜アラベスクタウンジムリーダー戦

ルミナスメイズの森は視界が悪く、草むらのポケモンも種類がわかりにくい。綺麗なロケーションだけどあまり長居したくないところ。ただしシールド版限定の見所が一つだけあってここでは、 ガラルリージョンフォームのマイリトルポニータが出てくるのだ。きゃわ。

タイプはエスパー。一つ前の町で出てくれば大活躍だったのに・・・!

シールド版のウリのポケモン(だと勝手に思ってる)なので、じっくり育てていくことにする。

アラベスクタウンに到着後ふるびた手紙の届主を発見。オチはなんとなーく読めていたけど・・ちなみにナックルシティの依頼主のところに戻ると依頼主の姿はないもののれいかいのぬのとありがとうの言葉をもらった。せつない。

アラベスクタウンのジムリーダーはポプラ。ジブリやディズニーの映画にしれっとまざってそうな見た目だがフェアリータイプの使い手。

ゴーストもそうだけど、フェアリータイプもいまいち弱点がピンとこなかったので調べてみた

フェアリータイプの弱点はどくとはがね。耐性はかくとう、むし、あく、ドラゴン。なおドラゴンは完全無効。あれ・・微妙につよくね・・?

しかし手持ちにひこう、はがねタイプのアーマーガアを持っていたので、はがねのつばさ脳死連打でほぼ完封勝利だった。

ごめんやっぱ弱いわ。

むしろジムリーダー審査と称してバトル中に「私の朝食は何を食べたでしょう?w」とか、50メートル先からダッシュで跳び膝蹴りしたくなるようなクソクイズぶつけてきて、じわじわとプレイヤーのメンタルを削ってくるのがキツかった。どうもこういうからめ手スタンスがフェアリー使いらしい。

しかし対戦環境だとフェアリータイプってどうなんでしょうね。

フェアリータイプはあまり個体として強そうなのがいなさそう、かつトリッキーな技で戦うイメージなので、タイプとしては優秀でもからめ手が機能しないと、タイプ不一致の弱点技でさっくりやられるイメージ。

ここまで完全にイメージだけで書いてるけどきっとそう、そうに違いない。

予想だけでディスっていくスタイルが俺ちゃんの持ち味。

フェアリーバッジをもらった後ナックルシティでイケメン相手にテンションアゲアゲのポプラをみるイベントが発生。

ポプラ師ひょっとしてジムリーダー的性顔で決めてない?

ここまでプレイして今日の自由時間は終わり。さー明日から地獄の仕事ラッシュですよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RX

MMO・ソシャゲ・その他もろもろゲームが大好き本職デザイナー 。 今までで一番やりこんだゲームはFinalFantasyXI。 わかりやすく伝える訓練や、デザインの練習もかねてゲーム中心のブログを運営しています。 たまーにデザインやイラストの話もするかもね 今はアークナイツ推し! Twitterもやっていますので、よろしければ気軽に絡んでくださいね。ウレションして大喜びします。

-ゲーム, ポケモン
-

© 2020 ゲーミングメモ帳RX