【6章対応 ゲル・熾合金】最新版、昇進素材周回効率を考える

アークナイツ_素材効率を考える

本エントリーはペンギン急便データ統計処理部門さんのデータを前提に執筆しています。
特に表記しない限りJP版のサンプルを前提に記載しています。
ただCN版とJP版ではサンプルの数に大きく開きがあるのと、基本ドロップ率は変わらないと思われるのでそのうちCN版のサンプルでリライトするかもしれません。

考えるのが面倒臭い人向けに1行で

「上級昇進素材をドロップするオススメステージを周回」

このエントリーを書く上で様々なステージを確認しましたが、基本的にこの認識で問題ないです。
もちろんケースバイケースで細かな例外が発生しますが、際立って理性効率の良いステージは1-7ぐらいで、あとは本当に突き詰めてやりたい人以外はそこまでこだわる必要がないように思いました。
ですので面倒臭い人は素材タブの中にあるオススメステージの中から上級素材をドロップするステージを選んで周回しておくのが、面倒ごとも少なく良いと思います。
心理学的にも人が1日に決断するためのコストは有限と言われています。心のリソースは有意義に使いましょう。

例外としてイベント時は、通常と違い極端に理性効率の良いステージがある場合があります。
イベント前に周回ステージを検索する癖をつけておくと損が少ないかもしれません。

効率にはいくつかの軸がある

以前上記のエントリーでも書きましたが、素材周回の効率はペンギン急便データ統計処理部門さんをみて考えるのが一番いいです。
集合知とサンプルデータの結晶です。損をしたくないのなら使わない理由はないです。

その上で本エントリーはいちいち細かいことを考えるのは面倒臭いけど、どこがお得なのかも知っておきたいというよくばりさん向けに私なりの基準で
1.周回時間(と消費理性のバランス)に優れたステージ
2.理性効率に優れたステージ
この二つの軸で纏めていく予定です。

特に理性効率だけを追求した場合、周回時間と理性効率の良いルートに比べて周回時間が2倍近くになるようなルートもあります。
ずっとスマホの画面をポチポチしていると、画面が指の圧で凹んだり心のバランスを崩して虚無に陥る可能性もなきにしもあらずなので
石割りに抵抗のないドクターなら周回時間と理性のバランスが取れたステージを周回した方がいいように思います。

ネット上では素晴らしい素材効率表を作られている方もいらっしゃいますが、効率表は一枚の画像の中に情報が多くて、自分用にもう少しシンプルなものがほしいなあと思っていました。
ないなら作ればいいじゃないということで、私が作成する画像は分かりやすさを最優先に、余計な情報は極力排除していく方針です。
細かい情報は本文で追ってくだいね。

本エントリーの表組の特徴として、T4の上級素材がドロップするステージはそれこみで一つあたりの必要理性期待数を計算している点にあります。
しかしT4クラスの素材は総じてドロップ率が低い傾向にあるため(3〜4%)、スポット的に素材が一つだけ欲しい場合は、必要理性期待値よりも消費理性が増える可能性が高いです。
よってあくまである程度纏まった数を周回する上での参考にしてください。

上級源岩

試供理性剤&素材箱がドロップする期間中は1-7の効率が破格の良さなので、時間が許すなら源岩系の周回は1-7がオススメです。

中級源岩を周回で集めて加工で上級にするルート(4-6/2-4)がバランスが良い。
初級源岩ルート(1-7)は効率は良いですが精神的負荷が高いのでオススメはしません。

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
1-796.61:20二段階加工の必要あり
2-4105.481:35
4-61102:005%強で上級源岩のドロップ有
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

例えば上級源岩が3個欲しいとき、2-4なら27周は必要ですが4-6なら19周で済みます。
特に昇進などで上級源岩をまとまった数を確保したいときは4-6で周回した方がポチ数を減らし時間が短くなるので気持ち的にも楽です。
逆に1-7だけで全てを賄おうとすると49周も必要になります。地味に加工の為の龍門幣が高いのも気になります。
その分加工副産物や経験値アイテムが手に入るメリットもありますが。

装置・中級装置・上級装置

装置の効率ステージ

初級装置を加工コース(S3-4)、中級装置最高効率コース(3-4)、中級・上級を両方狙いコース(4-10)がある。
いずれも上級に加工するために中級異鉄(S4-1・1個あたりの必要期待理性数 55.83)中級源岩(2-4、1個あたりの必要期待理性数 26.37)を周回する必要がある。

ステージ 消費理性 アイテム名 ドロップ率(%) 1個あたりの必要理性期待数
S3-4 15 初級装置 91.21 16.45
3-4 15 中級装置 54.78 54.78
4-10 21 中級装置 30.24 69.43
上級装置 2.89 733.88
6-16 21 中級装置 31.13 67.45

上級ドロップ込みでの必要理性期待数

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
S3-4149.961:35二段階加工の必要あり
3-41352:10
4-10140.82:15上級装置が3〜4%でドロップ
中級コールのドロップが期待できる
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

初級装置からの加工は時間効率・理性効率共に悪い。
ですので初級装置は他の周回のついでのドロップしたもので賄って、極端にあまらない限り中級以上に加工せずに貯めておくほうが良いです。
周回時間・回数が増えるわりに理性効率はほぼトントンなので、クリアできるなら3-4よりも4-10の周回をオススメします。
4-10は中級コールのドロップも期待できるのが嬉しい点。

6-16について

6章実装で追加された6-16ですが、初級アケトンのドロップが非常に良いため
装置単品のみを狙うわけではないなら、トータルでみると相当美味しいマップになります。
とりあえず理性消化しとくか〜といった時に回しておくといいかもしれませんね。

上級異鉄

上級加工のために中級装置(3-4、1個あたりの必要期待理性数 51.96)中級エステル(2-6、1個あたりの必要期待理性数 31.93)を用意する必要あり。

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
S3-3184.931:50トータルのドロップ面での理性効率は悪い
S4-1149.581:50
5-5159.422:10
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

初級異鉄だけが欲しいなら最速はS3-3だが他に得られるものがほとんどないので、副産物こみでの理性効率はかなり悪い
上級までの加工を見越すと周回時間が膨れ上がる。
装置と同じく他の周回で出たものを大事に取っておき余剰分だけ加工するようにしよう。

S4-15-5を比較するとS4-1の方がトータルの効率は良く見えるが、すこし待っていただきたい。
サンプル元のペンギン急便データ統計処理部門さんのJP版データを基準に判断していますが、サンプルとして提出されている数がS4-1は1471、5-5では322と桁が一つ違い大きく開きがあります。

特に母体となるサンプル数が少ない場合、求められる確率の精度の振れ幅が大きくなるので、試行回数の少ないものは誤差がでると念頭においてデータを考察する必要があります。(私は確率に関してはまったくの素人なのであまり突っ込んだことはかけませんが、学生の方は数学の先生に確率の精度の求め方を質問すると面白い話が聞けるのではないかと思います)

今回の場合S4-1の中級異鉄のドロップ率は31.88%で1ドロップの理性期待値は56.46 5-5のドロップ率は30.75%理性期待値は58.55となりますが、上記の確率精度によるブレが起きることを加味すると真のドロップ率(開発が設定してあるドロップの数字)はほぼ同じなのではないかと予測しています。
また上級異鉄についてはS4-1でドロップ率3.94%理性期待値456.52は、5-5は3.11%理性期待値は579.6と理性期待値に100以上の開きがあり目に見えてS4-1の方が効率がよく見えます。
ですがこれは罠です。
サンプル数の少なさによる誤差により1%以上のブレがでると仮定すると、もともとの理性期待値が大きい分、理性効率のブレも大きく変わってしまうことになります。

ぐだぐだと書きましたがつまるところS4-15-5異鉄周りのドロップ率と理性期待値に関してはほぼ同じと考えておいた方が良いのではないかと思います。
ちなみにサンプル数が10倍近いCNサーバー版のデータを参照してみると、

CN版サンプルデータ 中級異鉄

ステージドロップ率理性期待値
S4-131.4757.2
5-529.161.86

CN版サンプルデータ 上級異鉄

ステージドロップ率理性期待値
S4-13.31544.08
5-53.59500.79

CN版とJP版のドロップ率には変更がないのが今のところ定説となっていますので、こうなると理性期待値はほぼ同じです。
つまりどちらを回るかは副産物や周回時間で決めた方が良いのではないかと思います。

S4-1副産物素材 5-5副産物素材
素材名 ドロップ率 素材名 ドロップ率
マンガン 1.34% 中級源岩 1.98%
中級糖原 1.51% 合成コール 2.02%
熾合金 1.45% 中級装置 0.93%
各種作戦記録(入門〜中級) 8〜10% 純金 9.46%

個人的には5-5を推したいですが、ステージ自体の難易度の高さの問題もあるので好みかなと言う気はします。

ここまで勢いで書き上げましたが、サンプル数の少ないJP版のデータを基準に書くのは無理があると感じたので、
以下の素材は全てCN版のサンプルデータで書きたいと思います。

上級マンガン

マンガン系はT3の中級とT4の上級素材のみ。
マンガン→上級マンガンに加工するために、マンガン2個と中級エステル1個(3-8、1個あたりの必要期待理性数 45.48)・合成コール1個(4-4、1個あたりの必要期待理性数48.33)が必要

マンガン系を集める際の選択肢は大きく分けて3つ。
3-2(必要期待理性数40.65)で中級のみを狙い加工するコース。
4-7(必要期待理性数60.28)6/30日実装の6-2(必要期待理性数60.86)で上級素材を並行して狙うコース。
後者はマンガンそのものの必要期待理性数は同じで副産物が違うだけと考えてよいかと思います。

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
3-2175.11
4-7158.611:50
6-2同上未計測
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

副産物として狙えるT3素材は4-7が中級源岩 1.98%、合成コール 1.79% 中級装置 1.17% 人工ゲル1.17%(6/24次点では未実装。今後実装のオペレーターの強化・昇進で使用する素材の一つ)
6-2が中級エステル 1.71%、中級アケトン 1.24%、砥石 1.11%、RMA70-12 1.11%。

上級アケトン

初級→中級加工に初級アケトン4個が必要
中級→上級加工に中級アケトン2個と中級糖原1個(2-5、1個あたりの必要期待理性数32.62)・マンガン1個(3-2、1個あたりの必要期待理性数40.65)が必要

アケトンは3-1が中級までのみのドロップ。4-5、5-8は中級上級共にドロップしますが、両ステージとも理性期待数はほぼ同じ。副産物の期待数も同じ。ここは弱い方の4-5を周回して、親密度をあげたりするほうが良いです。

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
3-1中級41.25 上級155.77(加工)
4-5中級57.59 上級145.293(加工&ドロップ)
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

上級糖原

初級→中級加工に初級糖原4個が必要
中級→上級加工に中級糖原2個と中級異鉄1個(S4-1、1個あたりの必要期待理性数 57.20)・マンガン1個(3-2、1個あたりの必要期待理性数 40.65)が必要

5-2は人工ゲルをドロップする可能性がある。ただし1%以下。FFTで源氏装備を盗める確率とは違いちゃんとドロップする。

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
2-5163.09
4-2150.75(加工&上級ドロップ込み)
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

中級エステル・上級エステル

初級→中級加工に初級エステル4個が必要
中級→上級加工に中級エステル2個と中級アケトン1個(3-1、1個あたりの必要期待理性数 41.26)・合成コール1個(4-4、1個あたりの必要期待理性数 48.36)が必要

ステージ 消費理性 アイテム ドロップ率(%) 必要期待理性数(1個)
2-6 12 中級エステル 36.39 32.98
3-8 18 中級エステル 39.59 45.47
上級エステル 3.57 504.41

エステルのオススメ周回ステージは中級だけなら2-6。
上級が必要な場合は3-8を周回する方がトータルではお得です。

6-4
3-8と比較してもドロップの内容に違いはないので、どちらを周回してもいいですが
信頼度をあげる意味でも3-8の方が都合が良いので、6-4を周回するメリットは低いです。

上級ドロップ込みでの必要理性期待数

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
2-6155.581:45
3-8147.992:00
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

砥石・上級砥石

中級→上級加工に砥石1個と中級異鉄1個(2-8、1個あたりの必要期待理性数 53.69)・中級装置1個(3-4、1個あたりの必要期待理性数 54.79)が必要

ステージ 消費理性 アイテム ドロップ率(%) 必要期待理性数(1個)
3-3 15 砥石 47.87 47.87
4-8 21 砥石 34.88 60.20
上級砥石 4.75 442.23
5-7 21 砥石 34.47 60.92
果たして5-7は美味いのか?

上記の表だけでみると5-7は4-8よりも上級砥石がドロップしない分、理性効率が悪く見える。
だが5-7は通常のドロップ枠に初級異鉄が1〜2個が設定されており、
砥石がドロップしなかった際、確実に初級異鉄が手に入るようになっている。
異鉄を中級に加工すれば、上級砥石に加工するときの材料になるのでトータルで見ると理性効率は相当高い。(上級砥石だけが欲しい場合なら最高効率)
しかし副素材のドロップが一切ないので、それら全てをひっくるめて考えた時に果たして4-8と5-7どちらの効率がいいのかは、この場でハッキリと回答することはできません。
この辺りはいずれ検証してみようかと思っています。(優先度は低め)

上級ドロップ込みでの必要理性期待数

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
3-3156.35
4-8145.69
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

以下は執筆中・・・・上級合成コール・RMA70-24・融合剤・ナノフレーク・D32鋼

6/30 新規追加素材

人工ゲル・融合ゲル

上級素材に加工するために一度はS4-10をクリアする必要がある。
上級素材への加工は 人工ゲル1・中級異鉄1(S4-1 必要期待理性数 57.20)・熾合金1(S3-4 必要理性期待数39.45)が必要

S4-10
人工ゲル ドロップ率28.70% 1個当たりの必要期待理性数 62.72

S5-7
人工ゲル ドロップ率25.54% 1個当たりの必要期待理性数 70.48
融合ゲル ドロップ率 3.70% 1個当たりの必要期待理性数 486.71

ゲルに関しては7章実装まで選択肢は実質二つ。

上級ドロップ素材が欲しいならどちらを周回するべきか

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
S4-10159.37
S5-7142.92
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

上級までを見据えるならS5-7を周回する方が長期的に見てお得。

熾合金・上級熾合金

上級素材に加工するために一度はS3-6をクリアする必要がある。
上級素材への加工は 熾合金1・砥石1(3-3 必要期待理性数 47.88)・中級装置1(3-4 必要理性期待数54.79)が必要

S3-6
熾合金 ドロップ率38.02% 1個当たりの必要期待理性数 39.45

S5-8
熾合金 ドロップ率29.89% 1個当たりの必要期待理性数 60.22
上級熾合金 ドロップ率 4.02% 1個当たりの必要期待理性数 447.83

6-12
熾合金 ドロップ率32.59% 1個当たりの必要期待理性数 55.23
上級熾合金 ドロップ率 3.35% 1個当たりの必要期待理性数 538.00

6-12はサンプル数が少なめだが、おそらくS5-8と6-12はほぼ同じドロップ率なのではないかと思われる。つまり攻略できるステージなら副産物で選べ系。
5-8は純金10%、T3素材1~2%(中級源岩・合成コール・人工ゲル・中級装置)他T2以下の素材
6-12は入門〜中級までの作戦記録10%、T3素材1〜1.5%(マンガン・中級糖原・中級異鉄)ほかT2以下の素材
以上が副素材としてドロップが期待できる。

上級ドロップ素材が欲しいならどちらを周回するべきか

ステージ1個あたりの必要期待理性数参考クリア時間備考
S3-6142.12
S5-8140.98
参考クリア時間は非出待ち編成でのラップタイム中央値

上級ドロップ込みでもほぼ誤差の範囲だった。
S3-6は副産物がショボイので、S5-8のほうが長い目で見ればお得か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。