ニアール解説_アイキャッチ

アークナイツ

【アークナイツ】ニアール解説

解説

回復&ブロック 一人で戦線維持がしやすい壁役

二アールは重装型でありながら回復も可能な事が特色のオペレーターです。
上位キャラにサリア、下位キャラにグム・スポットがいます。
この役割の重装はサリアがブッチギリに使いやすいので、サリアと比較するとニアールはだいぶん見劣りしてしまいます。ですがそれを差し引いても回復性能は良好。
スタンドアローンで回復とブロック役をこなせるポテンシャルがあるので、僻地のブロック役にも最適です。
危機契約のような使用オペレーターに制限が発生する場面では、貴重な回復役としてサリアと並べて使う事も選択肢に入ります。
すでにサリアを育成済みのドクターでもニアールを育成して損はありません。

危機契約1日目でニアールを使用してみました。

素質

名称段階効果
回復効果上昇・大昇進1自身による回復効果が10%(+2%)上昇
ペガサスの加護昇進2配置中、味方全員の回復効果が10%(+2%)上昇

昇進1では自分の回復効果だけが向上。
昇進2になると自分を含めた味方全員の回復効果が向上するにアップグレードされる。
これがサリアと並べて使う理由の一つ。

回復効果は加算タイプなので、たとえばスキル1の特化3であれば攻撃力の180%回復が実質攻撃力の190(192)%回復になると考えるといい。

基礎情報

ステータス

再配置時間70sコスト17→19→21
ブロック2→3→3攻撃間隔1.2s
初期初期LvMAX昇進1LvMAX昇進2LvMAX信頼補正
耐久1154156020012780
攻撃19127336946240
防御24035347157550
術耐性10101010

攻撃範囲

初期昇進1昇進2

スキル解説

スキル1 応急処置

応急処置自動回復自動発動
レベル効果初期SP発動SP持続時間
1次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の110%回復
1回チャージ可能
06
2次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の115%回復
1回チャージ可能
06
3次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の120%回復
1回チャージ可能
06
4次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の130%回復
1回チャージ可能
05
5次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の135%回復
1回チャージ可能
05
6次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の140%回復
1回チャージ可能
05
7次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の150%回復
2回チャージ可能
05
特化1次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の160%回復
2回チャージ可能
04
特化2次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の170%回復
2回チャージ可能
04
特化3次の通常攻撃時、周囲一定範囲内にいる
HPが50%以下の味方1人に、攻撃力の180%回復
3回チャージ可能
04
スキルの効果範囲

基本的にこちらのスキルを特化で問題ない。

回復発動のトリガーを満たした時に通常攻撃の代わりに回復をするようになるスキル。
チャージがストックされている状態なら、発動条件さえ満たせば1.2秒間隔で回復できる。

1段階でも特化すればスキルの発動SPが1下がる。これは非常に効果が大きくコスパ良し。
特化3はチャージ数が1増えるのでより猛攻に耐えやすくなるが、特化1に比べると恩恵は限定的。
まずは特化1で発動SPを4にし、余力があれば特化3をめざそう。

スキル2 救護態勢

救護態勢自動回復手動発動
レベル効果初期SP発動SP持続時間
1攻撃力+20%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う206040
2攻撃力+25%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う205940
3攻撃力+30%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う205840
4攻撃力+35%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う255540
5攻撃力+40%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う255440
6攻撃力+45%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う255340
7攻撃力+50%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う305240
特化1攻撃力+60%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う305040
特化2攻撃力+70%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う304540
特化3攻撃力+80%、攻撃しなくなり回復行動のみ行う304040
スキルの効果範囲

発動中は攻撃をしなくなる。
どうしても回復しない空白の時間が発生するのでスキル1の方が使いやすい。
猛烈なラッシュを耐えたい時にはこちらのスキルも選択肢に入るが、
特別な理由がない限りスキル1の後に特化したほうが汎用性は高い。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RX

MMO・ソシャゲ・その他もろもろゲームが大好き本職デザイナー 。 今までで一番やりこんだゲームはFinalFantasyXI。 わかりやすく伝える訓練や、デザインの練習もかねてゲーム中心のブログを運営しています。 たまーにデザインやイラストの話もするかもね 今はアークナイツ推し! Twitterもやっていますので、よろしければ気軽に絡んでくださいね。ウレションして大喜びします。

-アークナイツ
-, ,

© 2020 ゲーミングメモ帳RX